HOME>特集>満足できるLEDを選ぶために調べておきたいポイント

取り付けられるかどうかが重要

購入する際に最も重要となるのが、そのLED照明器具を自宅に取り付けることができるのかどうかです。実はLED照明器具の取り付け口は、どの製品でも同じ規格で統一されているというわけではありません。そのため形状が似ているからといって購入した製品が、自宅で取り付けられなかったということがよくあります。そうならないためにも、形状はもちろんのこと、サイズや取り付ける場所の構造などについても調べておくようにしましょう。

照明の光にも色によって違いが

照明の色もチェックしておきたいポイントです。LED照明器具には大きく分けて電球色と昼白色の2種類があります。電球色はオレンジがかった色味が特徴で、温かい雰囲気の光で室内を照らすことができます。一方で昼白色は太陽光に近く、純粋な白に近い色味と言えるでしょう。それぞれを比べて自分の部屋の雰囲気に合った方を選ぶのがコツです。

製品によって違う演色性

明るさだけが重視されやすいLED照明器具ですが、モノの色味を正しく再現できるかどうかチェックしておきたいポイントです。これは演色性と呼ばれるもので、例えば食べ物なのに照明が当たった時に、本来の色味をしっかりと再現できるものであれば性能的に優れているといわれています。

安さだけで選ぶのは注意

価格の安さだけでLED照明器具を選んでしまうと後悔することにもなりかねません。なぜならば安い製品は品質が低く、すぐに壊れてしまう恐れがあるからです。LED照明器具は長く使ってこそ元が取れる製品であるだけに、保証期間の長い品質の良いものを選びましょう。

広告募集中